早朝バイトのきつい点・楽な点を実際の体験からまとめた!

早朝バイトってきつい?楽な点はあるの?新しいバイトを探しているんだけど・・?

という方向けに、早朝バイトのきつい点・楽な点を実際のバイト体験からまとめてみました。

ちなみに私がやっていたのは、早朝の清掃バイトです。早朝バイトを探している人の参考になれば幸いです。

目覚まし時計

スポンサーリンク

早朝バイトのきつい点・楽な点を実際の体験からまとめた!

まずは実際に働いて感じた、早朝バイトのきつかった点です。

早朝バイトのきつい点

早朝バイトのきつい点をあげると、

・朝が眠い。

・夜早く寝ないといけない。

・生活リズムが崩れやすい。

・冬が極寒。

・帰ってくると睡魔に襲われる。

って感じですかね。

 

まあ、どのバイトにもありがちですが、特に朝6時〜とか働くと朝が眠い。

 

家が職場に近ければギリギリまで寝ていられますが、ちょっと距離があると朝4時半起きとかになるので慣れないときついです。

その分、夜早く寝ないといけないのが、デメリットでしたね。睡眠はしっかり取った方が良いですし。

 

また、2日、3日連続で朝早いならまだしも、下手に1日おきとか日が空いてしまうと、逆に生活リズムが崩れやすいです。

 

今日は早く起きて、明日はゆっくり起きて、明後日はまた早く起きて〜とかなるときついし身体に響きます。

日中も眠くなりやすいので注意が必要ですね。

 

あとは、早朝バイトあるあるとして、冬は極寒。そして真っ暗です。

自転車やバイクの方は冬の早朝はきついと思います。私もブルブル震えながらチャリをこいだのを思い出します、笑。

相当な防寒対策がおすすめです。

 

こうしてみると、なんだきついじゃないかと思いますが、もちろん楽な部分もあるんですよ。

早朝バイトの楽な点

早朝バイトの楽な点をあげると、

・人との関わりが少ない。

・道路や道が空いてる。

・一日が長く使える。

・接客しなくてすむ。

・夏は涼しい。

って感じです。

カフェなどは別ですが、清掃とかだと人との関わりは基本的に少ないです。

店の営業前の掃除ですから、接客もしなくて済みます。

 

急にお客さんとかから声をかけられる事がないのは、非常に楽ですね。

朝の清掃バイトは黙々と仕事したい人にはおすすめです

 

ものによっては朝9時〜10時くらいには終わってしまうので、一日を長く使うことができます。

バイトが終わってもまた午前中!っていうのは、良いポイントかもしれないですね。

 

さすがに朝5時半とかに家を出ると、道路も道も空いてますし、夏はとても涼しくて良いですね。

見るからに暑そうな中、家を出て行く!のではないのは、暑いのがきつい私にとっては良かったです。

早朝バイトに向いている人

最後に早朝バイトに向いてる人をまとめると、

・時間を有効活用したい

・早起きに比較的慣れている

・人との関わりが少ない方が良い

・接客はしたくない(清掃などの場合)

・バイト先が家と近い人

となってます。

 

個人的には朝のバイトをするなら、自宅から近いところがおすすめです。

時給は早朝だから高めなところもあれば、全然普通と変わらない、むしろ職種によっては低めなところもあります。

 

近さと時給が程よいところを見つけられると良いですね。

早朝の時間帯での検索結果を置いておくので、よかったら調べてみてくださいね。

マッハバイト関東→早朝の時間帯カテゴリーを見る

LINEバイト東京→早朝で検索した結果を見る

バイトル関東→早朝を含む求人を見る

マイナビバイト関東→早朝を含む求人を見る

タウンワーク東京→早朝・朝を含む求人を見る

 

おまけに個人としては、採用されると5000円〜10000円のマッハボーナスがもらえるマッハバイトがおすすめです、笑。

ということで、早朝バイトのきつい点・楽な点を実際の体験からまとめた!でした。それでは〜。

タイトルとURLをコピーしました