見た目の印象を変えたいなら!3つの要素をなりたい方向へ!

女性と花びら

見た目の印象を変えたいな〜と思っている人は結構いますが、実際に変えようとするとなかなか迷いますよね。

どんな方向に変えるか、どこからどうしたらいいだろうか、何が自分に合うのか分からない、などなど。

 

また、無理しすぎても疲れるし、自分にとってちょうどいい塩梅を見つけるのに時間がかかったりもしますね。

 

私も薄暗い色の服をテキトーに着ていた笑、時代から、自分がホントに良い!と思える服装にたどり着くまでえらい時間がかかりました。

 

ということで今日は、見た目の印象を変えたいなら!3つの要素をなりたい方向へ!、をテーマに簡単に書いていきたいと思います。(基本は女性向けですが、男性でも参考にはなるかもしれません。)

3つの要素をなりたい方向性に合わせると、自分のイメージに合った見た目の印象に変えやすいよ、みたいな話になります。

 

スポンサードリンク

銀座カラー 脱毛キャンペーン

スポンサーリンク

見た目の印象を変えたいなら!3つの要素をなりたい方向へ!

3つとはズバリ、髪型(髪色も含む)、化粧(男性なら眉などの手入れ)、ファッションです。

それと変えるに当たって大事なのが、自分のなりたいイメージをはっきりさせておくことですね。

始めはざっくりでもOKです。クールな感じとか、かっちりした感じだけどオシャレに見せたいとか、ゆるい感じ、などなど。

試してみつつ、変えたり固めたりしていきましょう。

髪型、髪色

まずは、髪型と髪色、ですね。

髪の長さだけで簡単にいうと、ショートカットだとさっぱりした印象、もしくは活発な印象になりやすいです。

ロングヘアだと、女性なら女性らしい、落ち着いた印象になりやすいですね。ミディアムは中間。アレンジや髪色にもよります。

 

あとは、ゆるい印象やオシャレな感じなら全体的にパーマ、華やかな雰囲気にしたいなら毛先や髪の下の方だけパーマをかけるのもおすすめです。

逆にくせ毛で悩んでたり、シュッとしたクールな印象、真面目な感じにしたい場合は縮毛矯正でまっすぐにするのも手です。

 

髪色も印象を左右します。単純にいうと、明るい茶髪は全体的に軽く見えますし、黒は髪型によっては重く見えます。(ロングのストレートや髪の量が多い方など)

染めてみたいけど、あんまり明るすぎない方がいい人は暗めの茶系の色味がいいかもしれません。

雑誌やホットペッパービューティなどのサイトで、自分のいいな!と思う髪色や髪型の写真を見つけて、美容師の方に相談すると良いと思います。

化粧

そして女性の場合、顔の印象を大きく変えるのが化粧です。

 

私も数年前までは化粧なんて、どうでもいいと思ってました。仕方がよく分からないし、しなきゃいけない!みたいなのが面倒だしはぁぁぁぁんと思ってました。

ただ、自前の変わりたい精神(コンプレックスと飽きと変なプライド)で地道に取り組んだ結果、顔が変わると若干自信がつく事に気がつきました。

 

多分、化粧は技術次第ではいくらでも顔を派手に見せることが可能なんだと思います。

 

と言っても、いきなり変えるのは勇気がいりますよね。

 

で、オススメは眉毛あたりから変えるといいと思います。

インターネットで「眉毛 書き方」とかで検索するとたくさん出てきます。

そこでどんな印象にしたいか、(ナチュラル、キリッとした印象、ふんわりなど)決めて、情報を参考にちょっとずつ整えたり、書いてみます。

 

眉毛はちょっと失敗しても、(まばらになったり、剃りすぎたり笑)、書くことで全然ごまかせるのでいいですね。

男性の方も眉を軽く整えると、顔がスッキリ見えますし、清潔感も出やすいですね。

ファッション

全体の印象を左右するのが、ファッションですね。

なかなか幅広いので選ぶのは大変ですが・・・汗。色味や服のチョイスで大きく印象を変えることができます。

 

まずは、自分の好きな感じや雰囲気を見つけるのがおすすめです。

雑誌もいいですし、近くのショッピングモールに入ってるお店のマネキンやその店のホームページにのってるスタイリングから探すのも良いですね。

消去法でもOKです。スカートは好きじゃないからパンツスタイルの中から探す、シャツやブラウスのようなかっちりした服装よりもゆるいニットなどがいい、とか。

 

組み合わせが不安なら、上下同じ店で買うか、店員さんに合うものを聞くのもいいと思います。

自分だけで選ぶと、最初はどうしてもいつもと同じようなものを選んでしまったりします。ガラッと変える場合は、友達や家族、店員さんなど、第三者の目を入れてみるのもおすすめです。

 

 

ということで今日は、見た目の印象を変えたいなら!3つの要素をなりたい方向へ!をテーマに簡単に書いてみました。

なりたい方向を見つけるのと、その方向に変えるのは手間のかかる作業ですが、見た目を変えると気分も変わってきます。

無理しすぎない程度にできそうなところからまずは1個から、試してみる、変えると良いかもしれません。それではまた〜。

 

スポンサードリンク

ポイントサイト用ヘアサロン【ホットペッパービューティ】
タイトルとURLをコピーしました