苦手な人との付き合いを気楽にする!対処法と心がけ6つ。

距離を置く

苦手な人との会話で疲れてしまう・・・。良い付き合い方はあるの??なるだけ気楽でいるには?

今日は、苦手な人との付き合いを気楽にする!対処法と心がけについてまとめてみました。

スポンサーリンク

苦手な人との付き合いを気楽にする!対処法と心がけ6つ。

まずはできうる限りの距離を置く

できうる限りの、といっても複雑なことではありません。

会う回数や話す機会を1回でも減らしてみる、メールやSNSなどのやりとりをしないなるだけ近寄らないなどの心がけです。

 

苦手な人との付き合い方で悩む方の中には、そうはいっても仲良くしなきゃいけない、頑張って話さなくちゃいけない、と思ってしまう方もいると思います。

ですが、世の中いろんな人がいますし、全ての人と仲良くして頑張る必要はありません。

 

人数の少ない職場にしても、そつのない対応(怖いきついではなく)と最低限の意思疎通ができれば何も問題はありません。

仲良くしなきゃいけない!という思い込みを外しつつ、距離を置いて、「気楽な状態」に近づいていきましょう。

悪口を言わない・嫌を出さない

猫

距離を置く時に注意したいのが、悪口を言わないことと嫌だという感情を出さないことです。

集団になるとつい口に出してしまうケースがありますが、どこかで本人に伝わってしまう可能性もあります。

 

関係が悪化すると、苦手なタイプだけに修復はかなり大変になりますし、余計にあなたの頭を悩ませてしまいます。

また、こちらが一方的に嫌われている場合でも、こちらから嫌だという感情を出してしまうと、より険悪になり嫌な気持ちが増幅しかねません。

 

本当に迷惑、直接的な危害があった場合は別ですが、基本的には普通の人と同じような対応を目指しましょう。

口数は最低限でOK。

口数は最低限でOKです。無理にたくさん会話をする事もありません。

居心地の悪さは意外と伝わっているものです。相手もあなたと距離を置いてくれるかもしれません。

お互い良い距離が保てていれば、何もいうことはありません。

 

ここで、頑張って話そうと、嫌われないようにすればするほど、疲れてしまうのはあなたの方です。

その人とどうにか仲良くなりたい場合以外は、最低限の会話で大丈夫です。

自分とは違う人間だという意識を常に持つ

自分とは違う人間だという意識を持つのも、対処法の一つです。

 

同じ世代だ!とか同じ女性なのに・・などと思ってしまうと、比べてしまったり、引け目を勝手に感じてしまったりもするためです。

自分に圧力をかけないためにも、苦手な人のことはより、自分とは違う人間だと思ってみるのが良いでしょう。

 

立場も生活してきた環境もまるで違いますし、分かり合えないのも理解ができないのも当たり前のことです。

ついつい忘れてしまいがちですが、頭の片隅に入れておきましょう。

どこが苦手なのか分析してみる

苦手な人のどこが苦手なのか分析してみるのも手です。

〇〇な時が苦手なんだ!とかこういう部分が自分とは全く違うから苦手なのかもしれない・・・など。

なぜ苦手なのか、どこが苦手なのかわかるとスッキリするケースもあります。

 

自分を知ることや、相手の背景を想像することにもつながります。

そこまで苦手を考える必要も通常はないので、本当にどうしようもない時にやってみるのがおすすめです。

反面教師にして自分の成長の糧にする

苦手な部分や気になるところがわかったら、反面教師にしてみる方法もあります。

例えば「あの人の言い方は到底受け入られるものではない・・・、自分はもっと優しい言い方を他の人に心がけよう。」など。

 

反面教師にしてみることで、自分自身が成長できるきっかけになります。

苦手な人との付き合いでイライラした感情や心を、生産性のある方向に向けることができます。

「自分自身の成長のため!」と思うと、少しは気がまぎれるかもしれません。

簡単なまとめ

最後に要点をまとめると、

・できうる限り距離を置く

・無理に仲良くしようとしない

・悪口や嫌な感情は出さず、そつのない対応を心がける

・口数は最低限でOK

・自分とは違う人間だという意識を持つ

・どこが苦手なのか分析してみる

・反面教師にして自分の成長の糧にする

といった感じです。

少しずつ負担を減らして、気楽な状態を増やしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました