新人がすぐ辞めるバイト先の特徴はこれだ!〜原因ベスト4!

ダッシュするサラリーマン

 

とても雰囲気の良くて料理の美味しいレストランがありました。

ですが、入ってきた新人のバイトは1日か1週間で辞めていきます。何故なのだろうか?

 

実際バイトしていた時に感じた事も含めて、原因を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

新人がすぐ辞めるバイト先の特徴はこれだ!〜原因ベスト4!

わかりやすく4位〜1位のランキング形式でまとめてみました。

4位 体力的にきつい・やることの種類が多い

4位、体力的にきつい・やることの種類が多い、ですね。割と定番の理由、原因だと思います。

体力的にきついのは、職業によっては多少しょうがない部分もあります。あまりにも重労働の場合や体力がない人にとっては辞める理由になりますね。

すぐに人が辞めてしまうのが続くようであれば、人数を増やして負担を減らすことなども必要になってきます。

 

また、やることの種類が多すぎると、バイトは覚えることや分からないことへの不安で負担が大きくなり辞めやすくなります。

 

キッチンバイトでいうと、

・わかりやすいマニュアルを作る

・冷蔵庫の野菜の置き場所をしっかり明記する

・最初から任せ過ぎない

など新人にも仕事しやすい環境を作ってあげることが大切です。

 

新人があまり入ってこないバイト先だと、別にそこまでちゃんと書かなくてもわかるし、当たり前にわかってるものと認識してしまい、おろそかになってしまうケースもあるようです。

 

業務内容が幅広く多くなってしまうなら、経験者にしぼってバイト募集をするのも良いと思います。

3位 急に現場・最初からスピードを求められる

料理する女性

3位、急に現場に入る、最初からスピードを求められる、ですね。

まだ1日目で入ったばかりなのに、説明もあんまりないし急に現場で何をしたらいいかも分からない。

右も左も分からないがとにかく急かされる・・・などなど。

 

まだ全然分からない状態で、ちゃんとできもしないのに急がなきゃいけない・・・そんな状況は非常にストレスがたまりやすいです。

できれば最初はゆっくり業務を確認する、初めて現場に入る際〜慣れるまではちゃんと先輩が研修を行いながら、などのフォローが必要です。

 

3位、4位くらいまでは、人によっては辞めませんし、乗り切れる人もいます。もちろん、いくつか当てはまっている場合は要注意です。

そして2位からがより、すぐに辞めやすい原因になります。

2位 分からないことがすぐ聞けない環境

バイトの新人にとって、分からないことは多いものです。

ちょっとした些細なことも確認しないと不安でもあります。確認できず進めた結果、間違えてしまったり失敗したりするのは、バイトとしても避けたいからです。

新人バイトにとって、分からないことがすぐ聞けない環境は、ストレス以外何ものでもありません。

 

分からないこと自体が人間にとってはストレスで怖いものです。

すぐ聞けない環境は、ストレス状態をずっと継続させるようなものです。

 

個々の業務が忙しくて付きっ切りで見れない、近くに人がいない、人件費の問題で余分に出勤させられない、イライラしていて新人が声をかけづらい・・・などなど。

新人のバイトをほっぽらかしにしてしまうと、常に不安やストレスを感じ、すぐ辞めることにつながります。

誰も苦痛を継続したまま、恐怖を感じたまま働きたくはないからです。

1位 言い方がきつすぎる・きつい人が何人かいる

堂々の1位。言い方がきつすぎる、きつい人が何人かいる、です。

正直、3,4位がかすむくらいの根本的な原因の一つになります。もっとも変えづらいのもこちらです。

 

新人バイトにとって、人間関係は大切です。別に全員とすごく仲良くなろうと思っているわけではありません。

 

ただ、普通の会話と意思疎通ができればいいのです。

何か分からないことを聞いただけなのに、きつい言い方や感情の全くないような言い方で返されると、バイトは辞めやすいです。

 

たったそれくらいで?とストイックなあなたは思うかもしれません。

会社にもよりますが、大抵のバイトは社員を目指していません。

リアルなバイトの立場からすると、「きつい言い方されて嫌な気持ちで、でも頑張ってこの職場に居続けよう!」とは思わないものです。

「辞めるなら早い方がいい」と思い、すぐ辞めてしまう方も出てきてしまうわけです。

 

バイトにとっては、時に何をして働くかより、どんな人と働くかの方が大事だったりします。

 

もちろん、決して怒るな!ということではありません。

ただ、質問や確認をしただけなのに、常にきつい口調、イライラしている、そっけなくぞんざい、言葉の足りない言い方、話を聞かず一方的に問い詰める、などの対応をすると、バイトがすぐ辞める原因になります。

 

改善しづらいのが特徴でもありますね。きつい言い方はほぼほぼ本人の問題でもあるためです。

この仕事の言い方や進め方が合っている、自分のやり方がある、いい仕事をするにはバイトにも厳しくなければならない、お金を払っているんだからとにかく働いてもらわないと困る・・・・・。

自分が築き上げてきたものに誇りを持つ、プロの仕事人の中には、そうやすやすと言い方や対応を変えられない方もいます。

 

しかし、せっかく雇ったのにすぐ辞めてしまっては、募集や面接など手間や労力の無駄ですし、会社や他の従業員にとっても長い目で見て得はないですよね。

少しずつでも和らげる、言い方を変えることは必要になってくると思います。

簡単なまとめ

最後に要点をまとめますと、

・やることの種類が多すぎると、バイトは覚えることや分からないことへの不安で負担が大きくなり辞めやすい。

 

・体力的にきつい、やることの種類が多い、言い方のきつい人がいるなど負担要素が多いほど、すぐバイトが辞める。

 

・入った当初はできればゆっくり確認、フォローが必須。

・わからない事が多い状態が続く、すぐ聞けない状態が続くのはバイトにとって非常にストレスである。

・バイトにとっては、時に何をして働くかより、どんな人と働くかの方が大事だったりもする。

・質問や確認をしただけなのに、常にきつい口調、イライラしている、そっけなくぞんざい、言葉の足りない言い方、話を聞かず一方的に問い詰める、などの対応は、バイトがすぐ辞める原因の一つ。

といった感じです。何かしら参考になる部分があれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました