やりたいことを後回しにしてしまう人の心のクセ4つとは?

星空と月

どうも、しろさきです。だいぶ寒くなってきましたね。なぜ冬って一気に来るんでしょうか・・・。

自部屋は冬になると、急激に冷えてなぜか風が吹くので、笑、対策を考え中です。

 

さて、世間話はともかく、今日は、やりたいことを後回しにしてしまう人の特徴について考えていきたいと思います。

 

ついつい、やりたいことやずっと興味があって気になっていたものがあるのに後回しにしてしまう事がありますよね。

その事実自体に良い悪いはないんですが、人によってはまたできなかったとか、後回しにしてしまう自分にイライラする!人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

やりたいことを後回しにしてしまう人の心のクセ4つとは?

もっと先のことだと思っている

若い人にもあるのですが、やりたいことをやったり、なりたい自分になるのはもっと先のことだと思っている点があげられます。

 

極端にいうと、未来、いついつになればきっと自分はこうなっているだろう!(でも今は何もしない!!yes!)

みたいな感じの場合もあります、笑。

実際に今から始める、もしくはもうそうなったつもりで生活した方が、案外達成は早いかもしれません。

何かと理由をつけてしまう

やりたいことを後回しにしてしまう人の特徴で、最もありがちなのが、何かと理由をつけてしまう点ですね。

 

定番のものだと

・お金がない・時間がない・もうちょっと〇〇が落ち着いたら

・今はまだ下手くそだから・具体的に決まってないから

などなど。理由をつけて後回しにしてしまいます。もちろん、個人によって様々な事情があるので、後回しにするのもありです。

 

ただ、やってみたいことがあるのに一向にたどり着けない!手をつけられない!という方は、小さなものからとりあえずはじめてみるのがおすすめです。

その場合は頭で考えすぎない(損得やできない理由など)、また、理由をつけて後回しにしている状態に気づくことが大切です。

そもそも行動する気がない

そもそも行動する気がない、行動する気持ちを持っていない場合もあります。

やってみたいといいながらも、実際は自分にとってのデメリットや手間の方が勝っていて、実はやらない方がいい!と無意識で感じていたりもします。

 

「恋した〜い」と言ってみても、実際に人と深く付き合うことを考えると気も使うし、いろんなこと考えちゃうし、あれもこれもネックでなんか疲れてくるし

・・・・・ん?恋愛したいけど心配の気持ちの方がはるかに多く持ってる!みたいなことですね、笑。

人や状況によっては言っていることと、本当に思っていることがズレてしまっている時もありますよね。

行動する気が起きない時、でもそれが嫌な時は、心変わりを待つか、もっと違うことで楽しく過ごすか、行動しなくても最高!みたいな方向にもっていくか、だと思います。

コンプレックスが邪魔をしている

やりたいことがあるんだけど、コンプレックスが邪魔をしている点ですね。これも一種の理由づけといわれたりしますね。(心理学の本とかで)

 

個人的にはけっこう厄介だな〜なんて感じてました。本当に心から離れないやりたいことなのに、コンプレックスを気にしてて手をつけられない。

また、手をつけるのがものすごい苦痛だったり怖かったりする場合もあります。

コンプレックスにとらわれすぎると、できないと決めつけているため、やりたいことの候補にすらなってなかったり、最初から無意識で候補外にしていたりもします。

 

コンプレックスが邪魔になっている場合もアプローチの仕方は色々あります。

本当に少しずつできるとこから進めてみるのもありだし、勢いで思い切って始めてみるのもありです。

やりたいことにたどり着くのにすごい時間はかかりますが、コンプレックスを克服とまでいかなくても、薄めることから始めるのも一つの方法です。

自意識をゆるめる、自己肯定力を上げるのも良いと思います。(本などを参考にちょっとずつ考え方やクセを変える方法)

簡単なまとめ

本当にやりたいことは、できれば早く手をつけた方が良いです。もしそれがとても楽しかったら、より気持ちが楽で良い時間を過ごせると思います。(楽しくなかったとしてもネタになります)

仮に後回しにしてしまったとしても、「何かを始めるのに遅すぎるなんてないよね?」って秦基博さんも歌ってましたし、笑、私もそう思います。

 

というわけで、やりたいことを後回しにしてしまう人の特徴について簡単にまとめてみました。それでは〜。

 

 

タイトルとURLをコピーしました