スポンサーリンク

不登校の人におすすめのアルバイトって?

「不登校から、もしくは不登校から元気になってきたから、アルバイトを始めてみようかな・・・??」

アルバイトは、社会勉強にもなりますし、自由に使えるお金も増えます。

学生の方は特に、シフトの入れすぎや働きすぎには注意ですが、アルバイト仲間ができたり、自信がついたりと良い点もありますね。

不登校の方や、不登校から抜けたけど、まだちょっと不安な方向けにおすすめのアルバイトについて書いていきたいと思います。

不登校の人におすすめのバイトって?

私自身もやっていたアルバイトも含め、おすすめバイトを書いてみました。

清掃アルバイト

あんまり人と喋らなくてすむ、マイペースに仕事しやすい点でいうと、清掃のアルバイトはおすすめですね。

学生だと、不可のところもあるのでその点は注意しましょう。

特に、早朝だったり、営業前などの清掃はお客さんから話しかけられることもないので、落ち着いて仕事したい人には良いと思います。

バケツと雑巾

仕事は掃除機をかけたり、雑巾で拭いたり、ゴミ捨てなどの清掃です。

接客のように、臨機応変な対処ではなく、基本は、決まったことをやる形になります。

場所によっては(極端にいうとホテルとか空港とか)やることが多いかもしれませんが、一つ一つの作業は難しいものではありません。

程よく体を動かせるのも特徴です。気分もスッキリするのが良いですね。

(星は↓個人的体感からの目安です。)

体力 ★★★☆☆
コミュニケーション能力 ★☆☆☆☆
覚えることの多さ  ★★☆☆☆〜★★★★☆

荷物や郵便など、仕分けのアルバイト

荷物を番号や地域ごとに仕分けたり、チェックしたりするアルバイトです。

作業自体は単純なものが多かったりするので、アルバイトに慣れていない人でも割と仕事しやすいと思います。

場所によってはダンボールなど、重いものもあったりするので、一般的な体力は必要です。とはいっても、女性でもできるところもたくさんあります。

接客ではないので、基本的な挨拶、時間を守るなど最低限のマナーができれば大丈夫だと思います。

体力 ★★★★☆
コミュニケーション能力 ★★☆☆☆
覚えることの多さ ★★☆☆☆

自分の好きな分野のアルバイト

自分の好きな分野のアルバイトをやってみるのも、一応、1つの手です。

料理が好きなら、ファミレスのキッチンから〜とか、花が好きならまずは年末の短期から〜とか、洋服が好きなら、自分の好きなショップで〜などなど。

cafe看板のイラストものによって、難易度は上がりますが、専門的なスキルの習得や経験になるかもしれません。

無理は禁物ですが、楽しく過ごせたり、とても充実できる場合もあります。

もちろん、ちょうど良さそうなアルバイトや分野があればの話で、別になくても無理に探して決めることはありません。

体力 ★★★☆☆〜
コミュニケーション能力 ★★☆☆☆〜★★★★★
覚えることの多さ ★★☆☆☆〜★★★★★

あえての接客アルバイト

不登校からちょっと元気も出てきたし、将来的に人と関わる仕事がしてみたい!というのであれば、接客のアルバイトもおすすめです。

今はコミュニケーション能力に自信がなくても、経験することで自分に自信がついたり、大きな声で喋れるようになったりもします。

最初は慣れないから、アタフタするかもしれませんが、お客さんから笑顔や嬉しい言葉をもらえると自信になります。

体力 ★★★☆☆
コミュニケーション能力 ★★★★☆
覚えることの多さ ★★☆☆☆〜★★★★☆

まずはハードルは低く、できそうなことからがおすすめ。

バイトを始めてみたいけど、不登校で不安、人間関係や自分にできるか不安な人は、ハードルは低めにして、できそうなところから選びましょう。

はじめは短い時間、短期バイトからでも良いと思います。

また、どうしようかな〜とぐるぐる頭で考えてしまうと、なかなか申し込めないので笑、できるだけその日のうちにweb応募などでも良いので応募してみるのがおすすめです。

最初は分からない、できないは当たり前なので、完璧は求めずに徐々に、慣れていきましょう!

バイトの求人サイトってどこが良いの?

バイトの求人サイトっていっぱいあるから、どうしようか迷いますよね。

まあこれは好みもあるのですが、できる限り地域密着!で考えるとタウンワーク、有名どころで言えばバイトルといったところでしょうか?

私自身は大体タウンワークで探すことが多かったです。

採用されると5000円〜10000円のマッハボーナスがもらえるマッハバイトなんてのもありますね。

まあ、好きなところを見てみてください、笑。

1ヶ所みて、いまいち無いな〜という時は、他の求人サイトを見てみれば良いですしね。良いバイト先が見つかりますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする